PAGE TOP ▲

税務・行政の投稿一覧

新刊(著書)紹介~新実務家のための税務相談(民法編)

先月22日に,私(中村和洋)も執筆者として参加した「新実務家のための税務相談(民法編)」が有斐閣から上梓されました。 この本の前身となった「実務家のための税務相談・民法編」は,目からウロコが落ちるほど新鮮な切り口で面白く […]

木曜日, 7月 6th, 2017

憲法について

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 さて,近年,憲法9条を中心に憲法改正の是非が問われています。 そこで,新年最初の記事として,憲法のことについて取り上げてみました。 1 はじ […]

木曜日, 1月 5th, 2017

新刊(著書)紹介~事例に学ぶ企業と従業員の犯罪 予防・対応チェックポイント

今月20日に,経済産業調査会より,「事例に学ぶ企業と従業員の犯罪 予防・対応チェックポイント」が出版されます。 本書は,企業や従業員にかかわる犯罪について,解説したものですが,以下のような特徴があります。 ① 実務上,よ […]

木曜日, 12月 1st, 2016

WIN5で多額の払戻金を得た男性が,所得税法違反により在宅起訴された事件についての弁護人コメント

 先般,報道されましたとおり,WIN5により多額の払戻金を得た地方公務員の男性が,所得税法違反により在宅起訴されました。  当職ら(中村和洋,荒木誠)は同男性の弁護人に就任していますが,報道(大阪国税局の発表に基づくもの […]

金曜日, 11月 4th, 2016

書評(体系租税法)

2015年12月30日に水野忠恒教授の「体系租税法」が発行されました。 これは,マイナンバー制度などのトピックにも言及されており,最新の教科書といえます。 水野忠恒教授は,日本を代表する租税法学者で,この教科書は索引を含 […]

金曜日, 2月 5th, 2016

はずれ馬券に関する東京地裁判決について

はずれ馬券裁判ですが,類似事件の東京地裁の事案(北海道の男性)では,経費とは認められず,国が勝訴したとのことです。 この事案は,私は関与しておりませんが,報道によると,レースごとに個別に予想して馬券を購入したとして,機械 […]

木曜日, 5月 14th, 2015

馬券の払戻金に対する課税についての通達の改正

馬券の払戻金の課税について,通達の改正がなされるようです。 ただ,改正案は,「馬券を自動的に購入するソフトウェアを使用して独自の条件設定と計算式に基づいてインターネットを介して長期間にわたり多数回かつ頻繁に個々の馬券の的 […]

水曜日, 3月 25th, 2015

最高裁判決のご報告(はずれ馬券裁判)

1 はじめに はずれ馬券が必要経費となるかが争われていた刑事裁判について,3月10日,最高裁が検察官の上告を棄却しました。 これにより,被告人,弁護人の主張をほぼ全面的に認めたこれまでの地裁,高裁の判決が確定することにな […]

木曜日, 3月 12th, 2015

はずれ馬券訴訟(最高裁判決について)

はずれ馬券訴訟の刑事事件について,最高裁から,判決期日指定の連絡がありました。 本年3月10日午後3時に判決の言い渡しがなされるとのことです。 判決までに特に弁論の指定はありませんでしたので,一般的には控訴審の判断が維持 […]

水曜日, 2月 18th, 2015

はずれ馬券裁判(税務訴訟)の一審判決

競馬の払戻金で得た所得に関する事件の税務訴訟について,本日,大阪地方裁判所が判決を言い渡しました。 この裁判は,既に大阪地裁,大阪高裁で判決がなされている刑事事件(現在,検察官が上告受理申立てし,最高裁に係属中)とは異な […]

木曜日, 10月 2nd, 2014

はずれ馬券裁判(税務訴訟)の近況

馬券の払戻しによる所得について多額の課税がされている件については,先日,大阪高裁で判決が言い渡された刑事事件とは別に,国を被告として,課税処分の取消しを求めている税務訴訟が大阪地裁に係属しています。 この税務訴訟について […]

木曜日, 6月 12th, 2014

検察官の上告について~はずれ馬券裁判

本日,大阪高裁の判決に対して,検察官が,最高裁判所に上告しました(引用画像は最高裁判所の建物〔裁判所HP〕)。 大阪地裁,大阪高裁の判決は,いずれも,本件の被告人の一連の馬券購入は,「営利を目的とする継続的行為」に該当し […]

金曜日, 5月 23rd, 2014

「はずれ馬券裁判」の控訴審判決の解説

本年5月9日,大阪高等裁判所で,馬券の払戻金について,はずれ馬券の購入費をを必要経費と認める判決の言い渡しがなされました。 判決の内容について,主に一審判決との違いや検察官の主張を排斥した部分を中心に,紹介,解説いたしま […]

火曜日, 5月 20th, 2014

競馬裁判(控訴審)における検察官の主張と,弁護人の主張について

5月9日(金)午後1時30分から,馬券の払戻金により得た所得について単純無申告犯に問われている刑事事件について,大阪高等裁判所において,控訴審の判決があります。 控訴審における争点や,検察官・弁護人の主張,立証について, […]

水曜日, 4月 16th, 2014

競馬訴訟の続報

馬券の払戻金について多額の課税がなされ,単純無申告犯に問われている案件について,3月12日(水)午前10時30分から,大阪高等裁判所において,第1回控訴審の期日が開催されました。 検察官から控訴趣意書,控訴趣意書補充書が […]

木曜日, 3月 13th, 2014

競馬訴訟の経過報告

競馬により得た所得に多額の課税がなされた事案について,各方面から,経過のお問い合わせを受けておりますので,このブログで報告いたします。 まず,単純無申告犯に問われている刑事事件については,昨年5月23日に大阪地裁で判決( […]

火曜日, 2月 25th, 2014

ギャンブルと税金

競馬に限らず,ギャンブルによる所得を得た場合には,税金はどうなるのでしょうか。 例えば暴力団が,違法なカジノや野球賭博などを主催している場合,その主催者と客,それぞれに税金がかかります。 違法な所得であっても,人の担税力 […]

水曜日, 12月 25th, 2013

フランスにおける馬券に対する課税について

前回はアメリカ合衆国における馬券の払戻金に対する課税について説明しました。 今回は,フランス共和国における馬券に関する税について,どのようになっているのか紹介します。 凱旋門の画像を引用しましたが(Wikipedia), […]

金曜日, 12月 20th, 2013

アメリカにおける馬券に対する課税について

馬券の払戻金に対して過大な課税がされた裁判の件は,現在,高等裁判所の刑事裁判でも,地方裁判所の税務訴訟でも,互いの書面の提出が続いている段階で,まだ,結審の見通しは立っていません。 さて,今回の裁判をきっかけに,競馬の払 […]

水曜日, 12月 18th, 2013

競馬の税金事件の現状

競馬により多額の払戻金を得た方に対して,儲けを大きく上回る所得税の課税がなされ,単純無申告罪として刑事責任を問われた件の続報です。 報道のとおり,今年の5月23日に,有罪判決にはなったものの,はずれ馬券の購入費も全額経費 […]

水曜日, 9月 25th, 2013

ブログを始めました。

弁護士の中村和洋です。 ブログを始めることにいたしましたので,よろしくお願いいたします。 このブログでは,私の最も関心のある 1 刑事弁護のこと 2 行政事件や税務事件のこと 3 反社会的勢力対応のこと について,主に書 […]

火曜日, 9月 24th, 2013